IT転職エージェントは企業側にもメリット大『なぜ使われるのか』

「求人企業はなぜ転職エージェントをつかうんだろう?」

 

「わざわざ使うのだから何かメリットがあるはず。」

本記事ではこのような疑問を解決します。

こんばんは。IT転職エージェントを使って転職したネロです。

 

エンジニアで転職を経験した方のなかには、IT転職エージェントを使った方は多いことでしょう。

以下の記事で解説しているように、ITエンジニアが転職するためにIT転職エージェントはメリットがたくさんあります。

 

求職者にとってはメリットが多いんですが、企業側はなぜ転職エージェントを使うのでしょうか?

それは、もちろん企業にもメリットがあるからです。

 

本記事では、ぼくが転職先の総務人事担当者から聞いた転職エージェントを使う理由を解説します。

企業がIT転職エージェントを使う理由が分かれば、転職を考えているあなたの後押しになるはず。

それではご覧ください。

応募者をふるいにかけてくれる

IT転職エージェントは企業側にもメリット大『なぜ使われるのか』2

 

ぼくがはじめに聞いたメリットは、「あきらかにNGな応募者をはじいてくれる」こと。

求人企業へ来るたくさんの応募者の中には、明らかに応募基準を満たしていない人も含まれています。

企業側は選別するだけでもかなりの労力がかかります。

 

採用されるのは応募者のほんの一部

求人に応募してくる多くの応募者は、結果的に採用されることはありません。

数十人規模の小企業では、10人応募があって1人採用されるかどうか。

そして明らかに基準に満たない人でも、応募があれば必ず書類に目を通して審査する必要があります。

 

結果的に採用することは無い応募者にも労力がかかるのは、企業からするととても効率が悪いもの。

転職エージェント経由なら、明らかに基準に満たない応募者ははじいてくれるため選考の効率が上がります。

 

転職エージェントはアンマッチを増やしたくない

転職エージェントは求人企業に合わない求職者の応募をすすめることはありません。

なぜなら、転職エージェント担当者の仕事は企業の求人に合った応募者を紹介し転職にむすびつけることだからです。

転職エージェントの報酬は転職が決まった企業からの成功報酬のため、なるべく応募者には受かってほしいと考えます。

 

もし誰かれ構わず企業に紹介しても、時間ばかりがかかる割に合格率が悪くなり転職エージェントとしても効率が悪くなります。

成功報酬なら少しでも合格率を上げたいですよね。

 

最低でも求人企業の条件にマッチし、合格する確率が高そうな求職者を企業にすすめます。

 

エージェント担当者は求職者と会っている

明らかに求人基準に満たない人がいた場合、企業が書類選考ではじくより転職エージェント担当者が事前にはじく方が効率的です。

 

企業はまだ面談前のため、履歴書や職務経歴書などの書類だけで判断するしかありません。

でもエージェント担当者は求職者とはじめに面談をしています。

以下の記事で解説しているように、転職エージェントに登録するとまず担当者との面談が行われます。

 

もちろん1度の面談だけですべてが分かる訳ではありません。

ただ1度でも面と向かって話せば、その人の雰囲気など書類だけでは分からない情報がたくさん得られます。

 

わずかな時間でも対面で話をしていることは大きなメリットになります。

 

応募者に聞きにくいことも確認できる

IT転職エージェントは企業側にもメリット大『なぜ使われるのか』3

 

企業担当者は、応募者にあまりにダイレクトな質問はしにくいもの。

たとえば、

「当社の優先度は?」

「どれくらい本気なのか?」

など本音は聞きづらいものです。

 

転職エージェント担当者はマッチングが仕事

エージェント担当者は登録した求職者に対して本音を聞いてきます。

エージェント担当者が求職者の転職を成功させるためのポイントは、応募企業とのアンマッチをいかに減らすか。

求職者の条件と企業の求人要件が違えば転職は失敗します。

 

エージェント担当者は登録した求職者とまず面談を行い、転職の理由や本気度、転職先に求める条件を細かく確認します。

求職者の条件を細かく聞いて、条件にマッチする企業を探します。

 

求人を広めやすい

IT転職エージェントは企業側にもメリット大『なぜ使われるのか』4

 

企業が転職エージェントに登録するメリットは、求人情報を多くの求職者に知ってもらえること。

企業がよい人材を得るには、多くの人に会社を知ってもらい確率を上げなければいけません。

 

求職者と企業との出会いの場

転職エージェントは求職者と求人企業をマッチングしてくれる存在。

転職に特化したサービスのため、求人を探している転職者にピンポイントで知ってもらえます。

一方で企業のホームページにも求人情報・採用情報は存在します。

ただしホームページへたどり着くには、その会社自体を知らなければいけません。

 

求職者側から探してくれる

求職者が転職エージェントに登録すると、アプリやサイトを使って求人情報を探せます。

上で書いたようにホームページだと会社自体を知らないと探せません。

でも転職エージェントは転職者の希望条件にあう企業を担当者がリストアップしてくれます。

また転職者自身で条件に合う求人情報を検索することもできます。

求職者側から積極的に求人を探せる環境であるため、企業からすると会社を知ってもらえる確率がより上がります。

 

企業側のデメリット

IT転職エージェントは企業側にもメリット大『なぜ使われるのか』5

 

企業が転職エージェントを使う上で、デメリットも当然存在します。

それは転職エージェントを利用するコストがかかること。

転職エージェント経由で転職が決まると、企業は転職エージェントへ成功報酬を支払います。

金額はエージェントにより異なりますが、決して安い額ではありません。

 

それでも企業が転職エージェントを使うのは、コストを上回るメリットがあるため。

本記事で書いたメリットはもちろんあります。

加えて人事担当者の労力が減った分の人件費は、長い目で見れば転職エージェントへの成功報酬を上回るでしょう。

 

まとめ:企業側も効率化したい

転職エージェントのメリット・デメリットは求職者側の視点で語られがち。

でも企業が1人の転職者を中途採用するには、とても時間とお金が掛かります。

当然どの企業も採用コストを少しでも減らすため、効率化を図れる方法を取りたいもの。

 

転職者が効率的に求人を探したいように、企業側も効率的に応募者を採用したいと考えます。

企業側の事情や考えも理解できれば、転職活動も進めやすくなります。

本記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

<!-- 関連記事用 -->
<!-- ★★ビジュアルエディターにしないこと(表示が崩れる)★★ -->

<!--?php //現在の投稿IDからカテゴリーを取得する $categories = get_the_category($post-&gt;ID);&lt;/p&gt;
&lt;p&gt;//カテゴリーIDを代入する配列を定義する&lt;br ?--> $category_ids = array();

foreach($categories as $category):
//現在の投稿が持っているカテゴリーIDを配列に格納
array_push($category_ids, $category-&gt;cat_ID);
endforeach ;

//先頭のカテゴリーIDを取得する
$category_id = array_values($category_ids)[0];
?&gt;

[article num="6" layout="grid" order="ASC" orderby="rand" category="<!--?php echo $category_id; ?-->" date="1" cat_name="1"]
<!--?php &lt;br ?-->
おすすめの記事