エンジニアの転職に必要な情報まとめ!『経験者のぼくが解説』

 

転職を考えている現役エンジニアの方に向けた記事です。

本記事では、10年以上SIerで働き社内SEへと転職したぼくのノウハウをまとめました。

 

IT業界から転職サイトまで、エンジニアの転職に必要な情報を網羅的にまとめています。

これから転職に向けて動き出そうとしているエンジニア、何となく転職をイメージしているエンジニアの方はぜひご覧ください。

新卒でエンジニアを目指す方にも役立つ情報です。

 

転職エンジニアのために①:IT業界を知る

エンジニアへ転職するためにはIT業界を知ることは必須。

IT業界と一言でいってもいろんな業態・ビジネスモデル・規模が存在し、仕事内容や大変さも全然違います。

いまエンジニアとして働いている方でも、自社とはちがう業態を知ってあなたに合った求人を探しましょう。

 

 

 

 

 

転職エンジニアのために②:転職サービスを使う

 

エンジニアが転職を成功させるポイントはこちら。

  • 求人企業の仕事内容とあなたが仕事に求める条件とのマッチング

忙しい社会人の時間は限られています。

求人企業の実態を知るために自分で調べることも大切ですが、使えるサービスは賢く利用して効率的に転職活動を進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職エンジニアのために③:あなた自身の対策

IT業界を知り、転職エージェントを調べるだけでは転職活動に向けて十分ではありません。

自分自身を振り返り、分析することも大切です。

 

 

 

 

 

転職エンジニアのために④:転職活動の悩みを解決

 

エンジニアとして働きながらの仕事探しを経験したぼくとしては、転職活動は決して楽ではありませんでした。

社会人の転職活動は仕事をしながらになるためどうしても孤立しがち。

ぼくが経験した悩みや解決方法を紹介しますので、行きづまった時に読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職エンジニアのために⑤:いまの仕事で出来ること

エンジニアが転職を考える理由は、今の職場や仕事で何かしら不満やつらいことがあるため。

つらさや不満を改善できる方法はないか。

転職に向け、いまの仕事でできる対策はないか。

ぼくが行ってきた取り組みを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

<!-- 関連記事用 -->
<!-- ★★ビジュアルエディターにしないこと(表示が崩れる)★★ -->

<!--?php //現在の投稿IDからカテゴリーを取得する $categories = get_the_category($post-&gt;ID);&lt;/p&gt;
&lt;p&gt;//カテゴリーIDを代入する配列を定義する&lt;br ?--> $category_ids = array();

foreach($categories as $category):
//現在の投稿が持っているカテゴリーIDを配列に格納
array_push($category_ids, $category-&gt;cat_ID);
endforeach ;

//先頭のカテゴリーIDを取得する
$category_id = array_values($category_ids)[0];
?&gt;

[article num="6" layout="grid" order="ASC" orderby="rand" category="<!--?php echo $category_id; ?-->" date="1" cat_name="1"]
<!--?php &lt;br ?-->
おすすめの記事